PRODUCT SEARCH

PROTECA

MENU

SEARCH STORE

HOMEお客様窓口お取り扱いマニュアル

お取り扱いマニュアルManual

お取り扱いマニュアルUser's Manual

安全上のご注意Safety Precautions

  • プルドライブハンドルの上げ下げの際にはパイプの連結部分、ハンドルと本体との間に指を挟まないようにご注意ください。

    image
  • 階段や段差のある場所での無理なキャスターの使用は、スーツケースの破損や、使用者の転倒につながる恐れがあります。
    スーツケース本体のハンドルを持ってご使用ください。

  • 移動している車両の中や傾斜面では、スーツケースが不用意に動く可能性がありますので、スーツケースを横にして置くか、ハンドルから手を離さないようにしてください。

    image

    ※キャスターストッパー機能付きのケースは、
    ストッパーをONにしてください。

  • スーツケースを連続走行した直後には、キャスターに触れないでください。キャスター走行時に発生した摩擦熱で火傷する危険性があります。

  • スーツケースを開閉するときは、手や衣類などをはさみ込まないようにご注意ください。

  • 棚など高い場所に置く場合は、落下する危険がありますので、置き方には十分ご注意ください。スーツケースの落下は、重大な人身事故につながる恐れがあります。

    image
  • エスカレーターに乗る場合は、特に周囲に気を配り、スーツケースを自分の前、または後ろに置いた状態で乗り、万が一に備え落下しないように手を離さないようにしてください。
    また、エスカレーターのベルトをしっかり握り、自身が転倒などしないように注意しましょう。スーツケースの落下は、重大な人身事故につながる恐れがあります。

    ※落下を防ぐために、ストッパー機能があるバッグは、ストッパーをONにしてください。

  • 遊具や踏み台、椅子として使用することは危険ですのでおやめください。

    ・椅子のように本体に腰をかけられますと、キャスターが回転し、転倒などの思わぬ事故やスーツケースの破損につながります。

    ・人が閉じ込められるなどの危険性がありますので、遊具として使用しないでください。

    ・窒息などの危険性がありますので、スーツケースカバーのポリ袋を頭からかぶらないでください。

  • スーツケースは、旅行用として作られております。
    杖や歩行補助具代わりに使用しないでください。

  • プルドライブハンドルに体重を掛けますと、転倒する危険性がありますのでおやめください。

  • キャスター走行後、プルドライブハンドルから手を放す時は、ケースが倒れないようにご注意ください。

    ※スーツケースは重心位置が高いと大変倒れやすくなります。重い荷物は重心位置を低くするためにキャスター側の中央にお詰めください。

    image
  • プルドライブハンドルを下方向に力を加えながら左右に揺らすと、ストッパーが外れてプルドライブハンドルが下がってしまう場合がありますのでご注意ください。

    image
  • スーツケースの走行時には、周囲の人や物に十分ご注意ください。転倒や思わぬ事故の恐れがあります。

使用上のご注意Usage Precautions

  • キャスターの車軸に砂やホコリが付着したり、糸クズなどが巻付いたりしますと、キャスター故障の原因となりますのでご注意ください。

  • プルドライブハンドルは、走行用のハンドルです。このハンドルでスーツケースを持ち上げないでください。破損の原因になります。スーツケースを持ち上げる際は、必ず本体のハンドルをご使用ください。

  • 多段式プルドライブハンドルの長さを調節するときは、一度バーを最長状態まで引き出し、下げながら長さを調節してください。

    ※多段式タイプでも長さ調節ができないものがあります。

    image
  • プルドライブハンドルには、多少のあそびがありますが、これはハンドルの動きをスムーズにするためのものです。

  • ジッパータイプのスーツケースを開ける際は、ジッパーを最後の位置まで開いてから開けてください。途中までしか開けない状態でスーツケースを無理に開くと、ジッパーが破損する恐れがあります。

    image
  • キャスターは使用頻度や路面状態により摩耗の度合いが異なります。また素材の性質上、経年劣化は避けられません。

  • スーツケースの強度や耐久性は、使用回数や経過年数も影響しますが、使用中に受ける衝撃等、取り扱いの状態に特に大きく左右されますのでご了承ください。

  • スーツケースは強い酸性や塩分、高い湿度などにより傷む恐れがありますのでご注意ください。

  • スーツケースは熱により変形する恐れがありますのでご注意ください。

    ※暖房器具のそばや高温になる車中には、放置しないでください。

  • ボディには衝撃に強い素材を採用しておりますが、過度の衝撃や負荷が加わった場合、変形や破損を生じることがあります。

  • 鏡面仕上げのスーツケースは、ご使用により表面に擦り傷がつきますが、素材の特性上避けることができませんのでご了承ください。

  • スーツケースを初めて使用する際に、樹脂などの臭いがすることがありますが、使用している間に臭いは薄くなっていきます。

荷物を詰める際のご注意Paching Precautions

  • 現金や貴重品はスーツケース内に入れないでください。ロック機構はスーツケースが不用意に開かないためのもので、盗難を防止するものではありません。

  • ガラスビン等割れ物の収納には、十分ご注意ください。割れたり、中身が漏れる恐れがあります。

    ・航空機をご利用の場合、気圧の変化でビンや容器のフタが外れることがあります。

  • 荷物を詰め込み過ぎないでください。荷物の詰め過ぎは、キャスターやジッパーなどを破損する恐れがあります。

    image
  • スーツケースは完全防水ではありません。雨水などがしみ込み、内容物が濡れる恐れがあります。特に雨の多い地域への旅行にはご注意ください。

  • ソフトタイプ(布製)トローリーバッグの内装には、引手のついていないジッパー部分があります。これは修理をする際に使用するものであり、ポケットとして使用することはできません。

キャスターストッパーの使い方How to use the wheel stopper

坂道や電車の中で、スーツケースが不用意に動くのを防ぎます。

  • スイッチを押して、ストッパーをONにします。キャスターがロックされます。

    image
  • 押し込まれたスイッチを再び押して、ストッパーをOFFにします。キャスターのロックが解除されます。

    image

<注意>

●ストッパーをONの状態で走行しないでください。

●スイッチ操作は、ケース本体が完全に止まっている状態で行ってください。動いている状態で操作すると、故障や事故の原因となります。

●空港で預ける際は、ストッパーをOFFにしてください。ONのまま預けますと故障の原因となります。

●ストッパーをONの状態でも、斜面の傾斜状態、電車やバスなど乗り物での突然の揺れによって動いたり、倒れたりする恐れがあります。不安定な場所では、手を添える、ケースを横にして置くなど取扱いにご注意ください。

●エスカレーターに乗る場合は、特に周囲に気を配り、スーツケースを自分の前、または後ろに置いて乗り、ストッパーをONにしてください。その際、エスカレーターのベルトはしっかり握り、ケースからも手を離さないようにしてください。

●長時間ケースを使用しないときは、必ずストッパーをOFFにしてください。ONのまま長時間放置しますと故障の原因となります。

●荷物が内部のブレーキワイヤーに当たって、ストッパーがかかってしまうことがありますのでご注意ください。

ハンガーの着脱についてHow to detach/attach the hanger

付属の「オリジナルハンガー」は、着脱式になっております。ハンガーの取り付け部分に近い所を持ち、レールの向きに沿って上にスライドさせると取り外すことができます。

image

保管・お手入れ上のご注意Storage and Maintenance Precautions

  • ボディ及びプラスチック部品は、直射日光や使用・保管状況により、色あせが生じることがあります。

  • シンナー、ベンジンなど溶剤や研磨剤を含むものをお手入れなどに使用しないでください。表面の汚れは、中性洗剤を含ませた布で拭き取り、その後水拭きしてください。

  • スーツケースは、紫外線を避け、通気性の良いところで保管してください。ビニール袋や段ボール箱に入れた状態での保管は、ハンドルやキャスター部の加水分解などの原因による経年劣化を早めます。長期間保管後のご使用に際しては、ハンドルに荷重を掛け不具合の有無を確認するなど、あらかじめ点検されてからご使用ください。

航空運送中の荷物の破損についてRegarding damage to checked luggage during baggage handling

航空会社でチェックインした手荷物が航空運送中に破損した場合は、航空会社にご相談することができます。
ご相談になられる期日は、運送約款によりますのでお確かめください。

●プロテカ プレミアムケア しっかり3 年保証
お客様に末長くご愛用いただけるように、プロテカ スーツケースには3 年間の製品保証がついています。
通常使用での破損に加え、航空会社による移動時の破損も無償修理の対象となります。

「しっかり3 年保証」の詳細はこちら

機内持込み手荷物/預け入れ手荷物の制限についてRestrictions on carry-on/check-in luggage

「機内に持ち込みできるスーツケースのサイズ」、「チェックインカウンターで預け入れした際、超過料金がかからないスーツケースのサイズ」は、各航空会社によって異なります。詳細は、ご利用になる航空会社にお問い合わせください。

その他マニュアル(PDF)

TOPICSトピックス